お子さまの成長のお祝いはフルーツパーク富士屋ホテルで

可愛いお子様の健康を願うご会食

赤ちゃんが誕生してから成人までのあいだには、子供が健やかに育つよう祈願するお祝いがたくさんあります。
可愛いお子様の健康を願ってお祝いをしませんか?

お七夜 (生後7日目)

「命名式」ともいわれ、生まれた日から数えて7日目の夜に赤ちゃんの健やかな成長を願って名前をつけ、皆にお披露目する行事です。
昔は生後すぐの赤ちゃんが無事に育つ事が難しく、節目である生後7日目を盛大にお祝いしました。

お宮参り(生後31日前後)

その土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に、無事誕生したことを感謝し、子供の健やかな成長を願い神社にお参りする行事です。
男の子は生後31日か32日目、女の子は32日か33日目に行う良いと言われていますがママや赤ちゃんの体調一番に考え、無理のないように日取りを決めることが多いようです。 

お食い初め(生後100日前後)

生後100日前後に、子供に初めてご飯を食べさえるお祝いの行事です。歯が生えるほどに成長したことを喜び、一生食べるものに不自由しないように祈り、健やかな成長を願います。
「百日(ももか)」「箸ぞろえ」「箸始め」「歯固め」と呼ぶこともあります。 
  • お食い初めセットございます  5,000円(税込)

初節句

3月3日 桃の節句 女の子
5月5日 端午の節句 男の子

赤ちゃんの無事な成長を祝い、今後の健やかな成長を願う行事です。女の子の桃の節句は「上巳(じょうし)の節句」「ひな祭り」と呼ばれる事もあります。
地域によっては4月3日にお祝いをします。 

ハーフバースデー(生後6ヶ月)

日本では生後6ヶ月のお祝いが人気です。寝返りやお座り、ママやパパに笑顔を見せてくれるようになるこの時期、記念撮影などをして、お子さまの成長をお祝いします。  

初誕生日(生後1年目)

無事に一歳を迎えられた事に感謝をし、無病息災を願う行事です。地方によってさまざまですが、将来食べ物に困らないように、と願う「一升餅」というものもあります。

七五三

わが子の成長を祝う通過儀礼として武家社会で行われていた風習が七五三のはじまりと言われています。
女の子は3歳と7歳、男の子は3歳と5歳に七五三のお祝いをします。

3歳:髪置き=髪を伸ばし始める儀式
5歳:袴着=初めて袴を着る儀式
7歳:帯解き=初めて帯を付けて着物を着る儀式 

入園・入学・卒園・卒業祝い

保育園や幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、そして就職と新たな一歩を進みはじめるお子様のお祝い。
ご家族や大切な方々と、みんなそろってお祝いしませんか 
1/2成人式(10歳) 成人の2分の1の年齢である10歳を迎えたことを記念して行われる行事。
近年、学校や地域で行われ盛んになってきている行事です。 
十三祝い/十三参り 十三参りとは、子供が数えで13歳になったことをお祝いする行事です。
お参りをし知恵を授けていただくことから「知恵参り」「知恵もらい」などとも呼ばれます。関西地方では盛んな行事、最近は関東地方でも行われるようになっています。
成人祝い これまでの健やかな成長と大人としての新しい門出をお祝いする成人式。
古くは「元服/烏帽子式(男子)」「裳着/髪上げ(女子)」など、“一人前の成人”として扱われるようになるための通過儀礼が行われていましたが、現在の「成人の日」のスタイルは戦後(1946年頃)始まったと言われています現在まで受け継がれてきた国民的行事です。

お祝いにおすすめのプラン

オプションのご案内

お食い初め

お食い初めセット(鯛御頭付き)

¥5,000税込
※ご利用の3日前までにお申し込みください。

ケーキ・花束・写真撮影

・ケーキ¥3,700税込~
・花束¥3,300税込~
・スタジオ記念写真¥14,300税込(六つ切 1ポーズ)
一覧に戻る